ポジティブな名言集元気が出る言葉 ポジティブな名言集です。著名人たちの名言をお楽しみ下さい。


Sponsored Link


「星野佳路氏 プロフィール」

株式会社星野リゾート代表。
本社を長野県北佐久郡軽井沢町におく総合リゾート運営会社。経営不振に陥ったリゾート施設や旅館の再生で知られる。なお、喫煙者は作業効率、施設の利用効率、職場環境のにおける企業競争力の低下を根拠に採用しておらず、入社時に禁煙すると誓約すれば選考対象にするとしている。

経営者にとって“この会社にいてよかった”と社員から言ってもらうことほど名誉なことはありません。人生の何年か何十年かの大切な時間を一緒に過ごすわけですから、企業として最高の組織や文化、環境をつくることが一番の責務です。

社員がすべきことを自分で考え、好きなことをやるから強い。

地方ならではの生活の価値観や食べているものが、旅行者にとっては大きな魅力につながる。

ヒントは自宅だったり、おじいちゃん、おばあちゃんの昔ながらの知恵にあったりします。

自分たちの地域の生活にこそ、ヒントはあるのです

人はなりたいものにはなろうと思うが、
なりたくないものにはどんなに命令されても力が沸いてこない。
頭の中では仕事だからと納得しようとしても、
本当の力は沸いてこないし、本当の笑顔はそこから出てこない。

「坂本幸雄氏 プロフィール」

エルピーダメモリ株式会社の代表取締役社長・最高経営責任者(CEO)である。半導体産業界で経営難にあえぐ数社の再建を成功させ、その手腕から「半導体業界の救世主」とあだ名される人物である。1947年9月3日生、群馬県前橋市生まれ。

1970年に日本体育大学体育学部を卒業した坂本幸雄は、半導体メーカーの日本テキサス・インスツルメンツ(TI)社へ入社した。体育会系で、半導体に関する知識もなく、倉庫係として資材の出入庫を始めたという。しかし20年の勤務を経たころには、坂本幸雄は取締役を務めるまでになっていた。その陰には、在庫を把握する能力や、持ち前の体力、判断の決定に至るまでの迅速さといった坂本幸雄の特長がある。坂本幸雄はTIで副社長までを歴任した後、神戸製鋼所に移って半導体本部長に就任した。そして2000年には日本ファウンドリー(現・UMC Japan)社長へと就任している。

自分の部下にある種の夢を持たせること。
それと自分の部下が、この会社にいたらもっと生活が良くなるというような希望を持たせること。
それができなかったら、リーダーとして失格でしょうね。

「山田日登志氏 プロフィール」

PEC産業教育センター所長。一九三九年、岐阜県生まれ。経営コンサルタントを経て、七八年にPEC産業教育センターを設立。トヨタ生産方式の創始者である大野耐一氏と親交をかさね、独自の現場教育を開発する。トステム、ソニー、NEC、キヤノン、スタンレー電気、富士電機などの上場企業から中小企業まで現場の生産革新を推進し、各工場の業績をV字回復させ、高い評価を得ている。著書に『ムダとり―現場の変革、最強の経営』『[図解]ムダとり』(ともに幻冬舎)、『常識破りのものづくり』(共著・日本放送出版協会)、『改善魂を求めて トヨタ生産方式』(日刊工業新聞社)などがある。

今日できることからやれば,「でっかいこと」も必ずできる

現場には2週間あげなさい

「ビル・ゲイツ氏 プロフィール」

オペレーティングシステム(OS)「Windows」シリーズなどを開発しているソフトウェアメーカー、Microsoftの共同設立者である。1955年10月28日、ワシントン州シアトル生まれ。正式な名称はウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世という。

ビル・ゲイツはハーバード大学に在学していた19歳の時、友人、ポール・アレンと共にMicrosoftを設立した。1980年代にIBM社によって開発されたパソコン向けにOSを開発する仕事を受託し、その成果としてMS-DOS(Microsoft Disk Operating System)を生み出した。後にGUIを実装したOS「Windows」を発売、広く受け入れられ、Windows系OS全体でOSの市場の圧倒的多数を占めるまでのシェアを獲得した。また、オフィススイート「Microsoft Office」やWebブラウザ「Internet Explorer」なども、デファクトスタンダード(事実上の標準)として広く受け入れられている。

成功の秘訣?それは大きなビジョンが持てるかどうかだけだよ。

「知識は力なり」というふるい諺があるが、これはときとして人に知識を独占する気持ちにさせる。知識を独占することで自分が欠かせない存在になると信じるからである。力は知識を隠しておくことからではなく、分かち合うことから生まれる。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。

成功の鍵は、的を見失わないことだ。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。

「柳井正氏 プロフィール」

1949年2月、山口県宇部市生まれ。1971年に早稲田大学政治経済学部を卒業し、ジャスコに入社。翌年、父親の経営する小郡商事に入社。1984年6月に社長に就任する。また第一号店を広島市に出店し、「ユニクロ」という店名でカジュアル小売業に進出。1991年、社名をファーストリテイリングに変更。94年には広島証券取引所に上場し、97年東証2部に上場。99年2月には東証1部に上場を果たした。

人間は、希望がないと生きられない。
希望というのは、自分で作らないといけない。
向こうから希望が来るということは、まずありえない。

先に課題ありき。
そのために何が必要か、それが発見できたら動く。
そうやって成長し続けていかなくてはならない。
課題も大きくしていかなくてはならない。

致命的にならない限り失敗はしてもいい。
やってみないとわからない。

「孫正義氏 プロフィール」

ソフトバンクグループの創業者である。1957年8月11日、佐賀県鳥栖市生まれ。在日朝鮮人2世の次男で、朝鮮語ではソン・ジョンウィと発音する。はじめ通称名の安本を名乗っていたが、後に朝鮮名の孫正義として日本に帰化した。ちなみに、実業家でアジアングルーブ代表取締役の孫泰蔵は孫正義の実の弟にあたる。

孫氏は1974年に久留米大学附設高校を中退し、16歳で単身アメリカに渡った。 1980年カリフォルニア大学バークレー校を卒業。専攻は経済学だった。大学在学中に音声装置付きの多国語翻訳機の試作機を開発して、当時シャープ専務の佐々木正氏に1億円で買い取られた。佐々木氏にはその後ずっとソフトバンクの相談役をしてもらっている。その資金でユニソンワールドという企業を立ち上げ、1980年に日本へ帰国するまで米国での経営を続けた。なお、米国へ留学中に、当地で出会った日本人留学生の女性と結婚している。

事業の成功は、精一杯チャレンジを続けていれば後は確率論の問題です。

人生でここぞと決めた時は、大儀をとらなければならないことがある。

夢を持ってチャレンジしていくことが大事だと思う。

うまくいかなくても、やったことは全部、将来の自分のプラスになります。

「スティーブ・ジョブズ氏 プロフィール」

スティーブ・ジョブズとは、Apple Computer社の共同創設者である。1955年2月24日、米国カルフォルニア州ロス・アルトス生まれ。アメリカを代表する企業家の一人に数え上げられる。

地元のホームステッド高校を卒業して、1972年オレゴン州ポートランドのリード・カレッジに入学するも1学期だけで退学。しかしそのままキャンバスに住み続け、コンピュータゲームのアタリ社に入社、その間にインド旅行をするなどした。

ホームブルー・コンピュータ・クラブで、スティーブ・ウォズニアックの創ったコンピュータに夢を見いだした彼は、彼を誘ってAPPLE-Iと名付けた彼のコンピュータをホビイストに売った。ウォズニアックは改良版のAPPLE-IIを製作し、ジョブズは今度は一般市場に出すために奔走した。1977年に会社も法人化し、ベンチャーキャピタリストを通じてフェアチャイルド・ セミコンダクター社からマイク・スコットを社長に引き抜いた。こうしてApple Computer社は軌道に乗り始めた。

未来を見て、点を結ぶことはできない。

過去を振り返って点を結ぶだけだ。

だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じなければならない。

君たちの時間は限られている。
だから他の誰かの人生を生きて時間を無駄にしてはいけない。

定説にとらわれてはいけない。
それは他の人たちの考え方の結果と生きていくということだ。

その他大勢の意見という雑音に、自分の内なる声を溺れさせてはいけない。
最も大事なことは、自分の心に、自分の直感についていく勇気を持つことだ。

心や直感はすでに、あなたが本当になりたいものを知っている。それ以外は二の次だ。

元気が出る言葉 ポジティブな名言集&著名な方々のプロフィール [NAVER まとめ]