寝坊しない4つの方法誰でも一度は、寝過ごしたり二度寝をしてしまい、ピンチに陥ったことがあると思います。昔は私もそうでしたが、今回の方法を試したら【寝坊】がなくなりました。是非、組み合わせてやってみて下さい。 誰でも出来る方法で『あの、ドキドキする嫌な気持ち』とサヨナラ出来ます。


Sponsored Link


①目覚まし時計方法の3段活用

①まずは、枕の近くに携帯電話を置きます。しっかりとスヌーズなどをして一回で切れないようにします。
②次は足元に目覚まし時計を設置します。足元に置くことで止める時に体を起こす必要があるので効果があります。

③最後の1台は、歩かなくては行けない風呂場の近くに置きます。
これにより、起きたら必然的にお風呂場まで行くのでそのままシャワーを浴びれば目がバッチリさめます。



②カーテンを閉めない

日が明るくなってから起きる人に有効な方法ですが、カーテンを閉めないと部屋に太陽の光が入ってくるので、眩しくておきます。



③何時に起きたいと考える

これは結構重要で、寝る前に何時に起きたいと思うことで脳が勝手に何時に起きたいと覚えているので起きられると言うことです。



④寝る前に食べない

寝ている時に胃を動かさなくて良くなるので、体が体の回復に集中するので、深く眠れます。
それにより、朝すっきりと起きられますし、睡眠時間も短くてよくなります。


【必見】絶対に寝坊しない4つの方法 [NAVER まとめ]